staff blog

2017年9月16日 土曜日

☆女性ホルモンと肌の関係☆

こんにちは!
台風typhoonの影響で風が強い日が続きますが皆さん体調はいかがですか??
今日も台風に負けず元氣に診療してますsign03
今回は女性ホルモンと肌の関係についてお話しますnote

女性ホルモンとは
女性ホルモンは大きく分けて2つあります。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)です。
エストロゲンは、卵巣から分泌されるホルモンで妊娠の準備を促したり、コラーゲンの生成を促し、女性らしいカラダを作るホルモンになりますshineまた自律神経を安定させ、血管、骨、関節、脳などを健康に保つ作用もありますup過剰になりすぎると乳がんや子宮体がんのリスクが高まりますdown
プロゲステロンは脳から分泌されるホルモンで、受精・着床を促し、妊娠した際、子宮を健やかに保つ性質があります。プロゲステロンの作用によって皮脂の分泌が促されたり、月経前症候群を引き起こしたり、生理前にむくんだりすることもあります。

生理周期で変わる肌の状態
排卵日後から生理期間中は肌のバリア機能が低下し、肌トラブル起こりやすくなったりします。生理前~生理期間中は肌に負担をかけないようにしましょうpencil生理が終わって排卵前までは肌のバリア機能が高い時期で、肌のコンディションが良いですshinehappy01shine

プロゲステロンは排卵日から生理が始まるまでの間は、分泌が活発になる時期で、皮脂の分泌が多くなりニキビができやすくなります。
自分の生理周期をきちんと把握して、ホルモンのバランスを整えておくことが、美肌へつながりますshine女性ホルモンを少し意識してみて下さいねwinknotes

Deliciousにブックマーク

投稿者 コクア整体

コクア整体 098-933-4767